【動画で副業】動画撮影のコツ。フォトストックでは撮影アングルのバリエーションを増やすことは重要です

【動画で副業】動画撮影のコツ。フォトストックでは撮影アングルのバリエーションを増やすことは重要です

副業をして少しでもお金を稼ぐ! がテーマです。 少しでも収入が増えるよう実体験を踏まえてお話しと思います。
動画で副業収入をえるといえば動画編集を思い浮かべる方もおおいとおもいますが
動画素材をフォトストックで販売して収入を得るという方法もあります

#お金 #副業 #動画

ストック・フッテージ(Stock Footage)は、撮影済みの編集されていない「素材」としての映像のことであり、コマーシャル、番組、映画、ミュージックビデオなど、あらゆる映像制作に使用される。
アーカイブ映像、ストック動画、有りモノ映像など、様々な呼び方がされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

副業(ふくぎょう, Side business)は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。兼業、サイドビジネス、ダブルワーク(Double work)ともよばれる。副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類される。また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

日本では労働者が勤務時間外の時間に行う副業は禁じられていない [1]。従来から日本の民間企業では就業規則で従業員の副業について規定しており、自由にしている事例や、許可制や届出制にしている事例もあるが、厳禁にしている事例も多い[2]。副業に厳しい姿勢を見せている会社でも、経営状態が悪化して賃金を引き下げるをえないような時に、社員の収入低下の対応策として副業規制が緩和されることもある[3]。

裁判所は1982年(昭和57年)の判決で、労働者の副業に関して「本業の遂行に支障が生じるような副業」について会社は制限してよく、会社の秩序を侵害したり対外的信用・体面を傷つけるような副業も雇用主は制限してよいとしている[4]。労働法学者の大内伸哉は通常の労働時間外に「自宅で本を執筆する」「家業があって時々手伝う」「実家が兼業農家で繁盛期には手伝う」といった副業は、副業禁止として規制されるべきものではないとしている[5]。

副業は「一つの会社でずっと働いているよりも視野をひろげることができる」「社員の能力開発につながり、会社の利益につながる」「ある程度の収入を得ることができる安定した副業を持っていることは失業に備えた保険になる」というメリットもある[6]。

【30分講義】今すぐ5万稼げる!おすすめ副業徹底解説。

もし今から副業を始めるとしたら何の副業をするか?【月5万円を稼ぐ方法】

【最新版】収益性最強クラスの副業スキル5選

【副業】動画編集で「月50万くらい」を稼ぐ方法【インタビューした】

第41回 副業に興味がある人は絶対に身に着けておくべき3つのスキル【稼ぐ 実践編】
https://www.youtube.com/watch?v=tX3L5ll4n3s

収入カテゴリの最新記事